正方形ABCDがあり、辺ABの中点をPとする。

  Dから線分PCに下した垂線の足をQとするとき、

  △ADQは二等辺三角形であることを証明せよ。




                                     3





                                                 ヒント